子産み島各話ネタバレ

子産み島~週7で産めるメスたち~ 第2話 ネタバレ解説

子産み島~週7で産めるメスたち~


/雌として男にひれ伏すこのみちゃん♪\

大人気エロ同人青水庵の描く、青い海と白い砂浜エロパラダイス♪

子産み島~週7で産めるメスたち~ 2話 男を欲情させるためだけに発育した身体で誘惑されてのネタバレ、感想 紹介します

 

朝勃ちが激しすぎる朝・・

勉強を教えてほしいと言ってきたこのみちゃん。

ムラムラの気分のまま、このみちゃんに勉強を教える誠一。

彼女の無防備な服装に更におっ勃つ。

このみちゃんが太もも触ってみる?と誠一を誘い、

そのまま手がこのみちゃんの巨乳に手が伸び・・・!!

大人気エロ同人 青水庵の描く
子産み島~週7で産めるメスたち~

会員登録せずに、無料試し読みが簡単に読めます



↓無料試し読みするならコチラ↓

子産み島~週7で産めるメスたち~はこちら

子産み島~週7で産めるメスたち~ 第2話 ネタバレ



何もないまま朝になってしまった。

 

誠一は当然のことながらギンギンに勃っていた。

 

女将のかおりさんや、このみちゃんからの夜這いを期待していたが・・・

 

現実はそんな甘くなかったw

 

家からこの島にオ●ホでも持ってくれば良かった、〜と強く後悔。

 

とにかくこの勃起したチ●コをどうしよう?

 

昨日かおりさんに出してもらった自然薯のおかげなのか、

バイアグラを飲んだときよりギンギンにカチコチだ。

 

男性にとってネバネバの食べ物は自然の精力剤なのだwww

 

このチ●コにもてあましていると、

このみちゃんがふすまに入っている布団を干しに誠一の部屋に突然入ってきた。

 

押入れの布団を出している後ろ姿は、

エロすぎる、ムチムチのどスケベボディ!

安産型の肉付きがよすぎるエロデカケツ

鏡かよ!と思うほどテカテカの張りがありすぎる肌

 

後ろ姿をおかずに抜きたい!

というか結婚したい!

 

と心の中で叫んでいると、

 

このみちゃんが勉強を教えてほしいと誠一にお願いしてきた。

 

テーブルに薄着で座るこのみちゃん。

 

勉強が苦手とのこと。

 

つくづくここの島の女は男を喜ばせることに長けていると思った。

 

牛比島いるとどうしても前時代的な男尊女卑の考えに偏ってしまいがちだから

気をつけないといけないな、と自分を戒める誠一。

 

このみちゃんは薄手のキャミソールに短パン。どうみてもノーブラ

無防備すぎるよ、このみちゃん!!

 

数学を教えながら、このみは自分の体について誠一に色々聞いてきた。

 

「先生って本州に恋人いないんだよね?」

「この島だったら誰がいい?先生はやっぱり若い子がいいの?」

「先生は現役女子校生は好き?」

 

このみちゃんも俺の気持ちを探っているようだったw

俺も同じ気持ちだった!

 

 

「巨乳は好き?私はKカップはあるけれど、先生は好き?」

好きだよ、と誠一がいうと、

「私のこんなオバケオッパイが好きだって言ってくれてありがとう。」

と嬉しがるこのみ。

 

「ヒップも既に100cmを超えちゃって、スカートもズボンも入らなくなっちゃってる。高校生なのに、恥ずかしい・・・」

誠一はこのみに、自分はそういうのが好きだし、嫌いな男性はいないから大丈夫だよとこのみを安心させる。

 

するとこのみは、こんなプニョプニョの太ももを触りながら、

 

「先生触ってみる??

鏡餅みたいなんだよ」、っと。

 

こんなに脂肪みっちりついててる。

 

しかも指が太ももの中にめり込んでいる!

 

触ってみる?と言われて触らないはずがない。

 

このみの太ももに自然と手が伸びた。

 

これが太ももなのか?!!!!

 

と思うほどの柔らかい触り心地。たまらない!!

 

これが柔らかさが太ももなら、

全身抱きしめたら、いったいどれほど気持ち良いんだろう。

 

始めは手加減してこのみの太ももを触っていたが、ムラムラが抑えきれず、我慢できなくなってくる。

 

このみの太ももをを激しく揉みまくり、きっといいんだよな、このみも臨んでいるんだよな?とこのみの背後に周り乳房を掴んだ。

 

ありえないほど柔らかくて巨乳すぎる巨乳!!

 

このみは手で口を抑えて喘ぎ声をぐっと我慢しながら、

机に顔をつっぷして勉強を続ける。

 

もしかして勉強しているフリをしているのかもしれない。

 

や、やべえ!!

つるっつる、すべっすべ!! 赤ちゃん肌!?

こんなデカ乳 エロい!!

 

いやらしい

 

くそスケベ!!

 

このみの乳首はゴリゴリに勃っていて、大きくてつかみやすい。

 

えっ? 失禁?

 

もしかして愛液!? 潮?!

 

しかもこんな大量に・・・

 

はぁはぁはぁはぁはぁ!!!

 

続きは本編をご覧ください♪

 

↓続きはコチラ↓

子産み島~週7で産めるメスたち~はコチラ

子産み島~週7で産めるメスたち~ 第2話 感想




誠一よりも、どちらかといったら

 

誠一の到着を待ちわびて、待ち続けた島の女達のほうが、

 

実は抱いてほしくて、早くエッチがしたくて、

 

早く触ってほしくてしかたがないんじゃないでしょうか♪

 

島の人達同士では、子供も妊娠しなくなってしまったし、

島の緊急事態状態。

 

しかも彼女たちは男たちに尽くし、良い子供を産めるように

子供製造マシーンのような(男尊女卑の)体として生まれ育っているわけだから

ウズウズしまくっているんだろうね。

 

誠一に胸を揉まれたくらいで、

 

潮吹いてしまったり、感度良すぎでしょwww

 

胸とか乳首触られただけで、こんなに濡れてしまうのであれば

 

ク●ニしたり、挿入したら失神しちゃうかもしれないね♪

 

大人気エロ同人 青水庵の描く
子産み島~週7で産めるメスたち~

会員登録せずに、無料試し読みが簡単に読めます



↓無料試し読みするならコチラ↓

子産み島~週7で産めるメスたち~はコチラ